新規登録はこちら サインイン
適用されるマーケットプレイス: グレート・ブリテンおよび北アイルランド連合王国

追跡可能率に関するよくある質問

追跡可能率は、出品者出荷の注文において、すべての出荷注文の数に対する有効な追跡情報付きの注文の数の割合を測定するパフォーマンス指標です。この指標は、注文した商品がどこにあり、いつ受け取れるかを知りたいというAmazonの購入者の期待を反映しています。2021年4月19日以降は、出品者出荷の出荷通知を送信するために、追跡可能な配送方法を使用して、注文に対するお問い合わせ伝票番号を入力する必要があります。

追跡情報を提供すると、どのような利点がありますか?

すべての出荷に有効なお問い合わせ伝票番号を提供すると、以下のような利点があります。

  • 購入者からの問い合わせ件数の削減: 購入者からの問い合わせは、およそ40%が配送のステータスに関連しています。購入者が配送状況を追跡できない配送では、配送状況を追跡できる配送よりも、問い合わせ件数が35倍も多くなっています。お問い合わせ伝票番号を付けることで、配送状況に関する問い合わせに対応する時間を短縮できます。
  • 注文不良率の軽減: 購入者が配送状況を確認できない配送は、配送状況を確認できる配送よりも1.7倍も注文不良率が高くなっています。
  • Amazonマーケットプレイス保証申請による保護: 追跡情報が付いていないために荷物を追跡できない場合、出品者は「未配達」によるAmazonマーケットプレイス保証申請に不服を申し立てることができません。配送状況を追跡可能にすることで、こういった不必要な損害を回避することができます。
  • 出品者に対する評価の改善: 配送状況を追跡できるようにすると、出品者に対する購入者の評価は高くなる傾向があります。
  • 商品の紛失による出費の削減: 追跡サービスを利用すると、配送中の商品の紛失による出費を大幅に削減できます。輸送中に商品の紛失が起きた場合、出品者は、追跡サービスを使用してどの時点で商品が紛失したかを追跡し、責任を問うことができます。
  • コンバージョン率の向上: 出荷全体の98%で追跡サービスを使用し、期日内配送率が97%以上であれば、出荷作業時間と配達予定日の設定を短縮できる利用資格が得られます。これによって、コンバージョン率と売り上げが向上することが実証されています。

1つのカテゴリーで追跡可能率が95%未満に下がった場合、アカウントは一時停止されますか?

いいえ。アカウントが一時停止されることはありませんが、ポリシーで求められる95%の追跡可能率を提供しない場合、対象カテゴリーでのプライム出品者出荷以外の出品は一時停止されることがあります。引き続きFBAまたはプライム対象商品を出品できます。出品が停止された場合は、パフォーマンス改善計画を提出して出品権限の回復を申請できます。申し立てが承認されると、影響を受けたカテゴリーのプライム出品者出荷以外の出品が復元されます。

Amazonに追跡情報を提供できる配送業者を教えてください。

Amazonが現在追跡情報を提供できる配送業者は、こちらから確認できます。また、2021年4月19日以降は、出荷通知ページのドロップダウンボックスから選択することもできます。注文、注文管理、出荷通知を送信の順にクリックすると、出荷通知を送信ページに移動できます。


指定配送業者のリストについては、こちらをご覧ください。

Amazonは、追跡情報が有効かどうかをどのように判別するのですか?

お問い合わせ伝票番号は、以下のいずれかに当てはまる場合に有効とみなされます。

  • 配送伝票の購入サービスでラベルを購入し、配送サービスプロバイダーからAmazonにお問い合わせ伝票番号が提供されている。
  • 配送業者によるお問い合わせ伝票番号への1回以上の物理的なスキャンがAmazonで記録されている。

荷物に追跡情報が付いていますが、追跡可能率レポートでは、有効な追跡情報がないと表示されます。どうすればよいですか?

荷物に有効な追跡情報が付いていない場合は、追跡可能率レポートの「有効な追跡情報なし」の列に「X」が表示されます。お問い合わせ伝票番号をアップロードしていても、未確認のマークが表示される場合は、以下の原因が考えられます。

  • お問い合わせ伝票番号が正しく入力されていない。
  • お問い合わせ伝票番号は正しいが、出品者が指定した配送業者に関連付けられていない。 たとえば、配送にDHLを使っていても、配送業者名欄に「FedEx」と入力した場合、未確認の追跡情報として記録されます。
  • お問い合わせ伝票番号と配送業者名は正しいが、サポートされていない配送業者を使用している(またはAmazonでまだ追跡できない商品を出荷している)。Amazonで確認できないため、追跡可能率指標にカウントされません。
  • 注文商品が届いた後にお問い合わせ伝票番号がアップロードされた。購入者が使用できなかったことになるため、追跡可能率指標にはカウントされません。

荷物の配送業者名とお問い合わせ伝票番号が正しく入力されていることを確認してください。追跡情報は、注文が配送されるまで、注文管理から変更、再入力、更新することができます。この変更は、72時間以内に指標に反映されます。

「有効な追跡情報なし」の列に「X」と表示される荷物がある場合は、Amazonがサポートする配送業者のお問い合わせ伝票番号が正しいことを確認し、もう一度お問い合わせ伝票番号を送信してください。それでも問題が解決しない場合は、テクニカルサポートにお問い合わせください。

注: ゼロ幅スペースでの入力となるため、配送業者のウェブサイトからお問い合わせ伝票番号をコピーして貼り付けないでください。発送を確認している間は、お問い合わせ伝票番号を手動で入力する必要があります。

レポートにキャンセルされた注文が表示されるのはなぜですか?

レポートにキャンセルされた注文が表示されるのは、配送業者に荷物が届く前に出荷通知を送信したためです。出荷通知を送信した時点で購入者のクレジットカードに料金が請求されるため、注文はキャンセルされたと見なされません。この種の注文をキャンセルするには、購入者に返金する必要があります。このような混乱を避けるため、配送業者が荷物を受け取った後に出荷通知を送信することをおすすめします。

追跡可能率レポートのF列の「InvalidId」とはどのような意味ですか?

Amazonのシステムが、出品者が受注時に入力した追跡情報を処理できない場合、その注文のF列に「InvalidId」と表示されます。たとえば、注文番号が001-12345-67890で、出品者が受注時に入力した追跡情報をAmazonが処理できなかった場合は、F列には001-12345-67890-InvalidIdと表示されます。

これは、追跡情報を空欄のままにした場合、または追跡情報にAmazonのシステムで認識できない特殊文字(句読点など)を入力した場合に発生します。入力済みの追跡情報の誤りを修正するには、お問い合わせ伝票番号を編集してください。

これは次の場合に発生します。

  • 追跡情報が空欄になっている。
  • 追跡情報にシステムで認識できない特殊文字(句読点など)が入力されている。

入力済みの追跡情報の誤りを修正するには、お問い合わせ伝票番号はどのように修正できますか?をご覧ください。

お問い合わせ伝票番号はどのように修正できますか?

注文注文管理で追跡情報を編集することができます。詳細検索に注文番号を入力します。正しい注文を見つけたら、納品設定を編集をクリックして、新たなお問い合わせ伝票番号を入力してください。

レポートと指標に反映されるまでには72時間ほどかかります。

サインインすると、ツールおよび個別のヘルプをご利用いただけます(デスクトップブラウザーが必要)。 サインイン


あなたの商品をAmazonのお客様へお届けしませんか

新規登録はこちらから


© 1999-2021, Amazon.com, Inc. or its affiliates